仕事をする意味とは何なのか?「仕事」と「趣味」の違い。

 

仕事をする意味って一体なんでしょうか?あなたは考えたことがありますか?

 

今回は「仕事をすることの意味」「仕事」と「趣味」の違いについて考え、

確認していきたいと思います。仕事に対しての価値観について考えていきたいと思います。

 

仕事をすることの意味

 

僕たちはなぜ仕事をするのでしょうか?

 

僕は「仕事をする意味」というのは大きくこの3つに別れると思っています。

  1. お金(給料・ボーナス)
  2. やりがい(価値の提供による相手の反応)
  3. 自己成長(キャリア・地位)

 

多くの人はこの3つの全て、もしくはどれかを求めて仕事をするのではないでしょうか?

 

『目的』は「より良い人生」にすること

 

では、何のために先ほど挙げた3つのことを手に入れようとしているのかというのは、

「より良い人生」を歩むためなんですよね。人によっては「楽しい人生」を歩むためとも言えるかもしれません。

 

つまり、「より良い人生」を歩むことが『目的』であって、

「仕事をすること」はそのための『手段』なのです。

 

 

他人に価値を与えて対価を得る

 

そもそも「仕事」というのは「他人に価値を与えて対価を得ること」なんですよね。

その『対価』とは『お金』であったり、『やりがい』つまり『相手の成長・笑顔・感謝』であったりします。

 

その『対価』を得ることが「楽しく・幸福」だから僕たちは「仕事」をするのです。

「仕事」と「趣味」の違い

 

ここからは「仕事」と「趣味」の違いを踏まえてお話していきたいと思います。

 

先ほどもお話ししましたが、「仕事」も「趣味」も目的は同じです。

自分が「楽しく・幸福」になるために僕たちはそれらの行動を起こしているのです。

 

not
楽しくも、幸せにもなれそうにも無いならそんな仕事なんて辞めてしまった方がいいと思います。
not
まずは何のために生きているのかということが先決です。

 

その中で、「仕事」と「趣味」は決定的に違うところがあります。

 

それは、「仕事」は「他人に価値を与えて対価を得ることを楽しむこと」に対して、

「趣味」は「自分が楽しむために自由にすること」であるのです。

 

not
つまり、「他人を媒介して喜びを得る」か「自分の中で喜びを完結させるか」の違いです。

 

「趣味」で生きてもいい

 

結局は「趣味」で生きようとも「仕事」で生きようとも、

「楽しかったらいい・幸せだったらいい」ということが結論としてあります。

 

なので、「他人に価値を与えたい・笑顔を見たい・成長させてあげたいとは思わない。自分が楽しければそれでいい。」

と思っている人は、別に「仕事」をしなくても「趣味」で生きていけば良いのでは無いでしょうか?

 

not
何だか、自己中心的で悪いニュアンスに聞こえますが、全くそんなことないです。
not
それはそれでその人の選択なので素晴らしいことだと思います。

 


 

「趣味」は「仕事」にしない方がいい理由

 

その「趣味」と「仕事」を切り離した中で、僕は「趣味」は「仕事」にしない方がいいと考えています。

 

それはなぜかというと、「趣味」は「自分が楽しむために自由にすること」ですが、「仕事」は「他人に価値を与えること」をしなければいけません。

なので、今まで自由に好きにやってきたのに、「趣味を他人に価値が与えることができる」ようにしていかなければならないからです。

つまり、自由にやれることが趣味だったのに、制限ができてしまい趣味ではなくなってしまうということです。

 

例)A君は今まで「ゲーム」という「趣味」を気ままに楽しんでいました。

そして、その中で「趣味」を「仕事」にしようと考えたので『ゲーム実況』を始めました。

しかし、『ゲーム実況』を仕事にしてお金を稼ぐには「他人に価値を与えなければいけない」ので、「トーク力」や「ゲームの上手さ」や「動画の編集力」が求められます。

なので、いざやってみると「面白いことを言わなければ」「ゲーム上手くならなきゃ」という焦燥感に駆られ。結局ゲームを楽しむことはできませんでした。

 

という風になってしまうのです。

なので、「趣味」は趣味のままおいておいた方がいいと思います。

 

 

人から反応を貰う喜びは大きい

 

not
結局、「楽しむこと」や「より良い人生」を歩もうとすることが目的なら、仕事しないで趣味をしている方が自由だし楽しいじゃん。

と、お金を抜きにして考えてみるとこう考えてしまいます。

 

ですが、それでも多くの人は仕事に従事しているのは、

やはり「仕事をして他人に価値を与えて反応をもらう喜びが大きいから」なんですよね。

 

自分でやりたいことをやって欲が満たされて、「楽しいなー」とドーパミンが出るよりも、

他人に価値を与えて「ありがとう」という言葉をもらえた方が、自己肯定感や幸福感もあり、喜びは格段に大きいのです。

 

だからこそ多くの人は仕事に従事し、価値を提供してその対価として「喜び」や「お金」をもらっているのです。

 

終わりに

 

自分の人生のための手段として「仕事」があることを忘れないでください。

 

そして、自分は何のために「仕事」をするのかということがわかれば目指すべきことが見えてきます。

自分にとって最もハッピーになれる選択肢はどこなのかということを「趣味」や「仕事」と照らし合わせながら考えて見てください。

 

まずは、「より良い人生」になるかどうか。「楽しく・幸福な人生」に向かっているのかということを考えてみてください。

 

 

スポンサードリンク