人間は自分で言葉を定義づけして生きていかなければならない。思い込みは捨てよう。

 

こんにちは。not(@minimalman10)です。

 

ところで、『普通』ってなんですか?

『生きる』とはどういうことでしょうか?『成功』とはどういったことでしょうか?

 

大体の言葉というのは、大勢の人が世間一般に使われている意味のまま利用されています。

 

そして、それが当てはまる人、例えば現代での『普通な人』というのは、『大多数の人』ということになります。

逆に『少数派の人』『変な人』として扱われます。

 

普通の人生とは一体何なのか?仕事して結婚して家族を作るのが普通ですか?

2017年9月21日

 

また、現代での『成功者』とは、『お金、地位、名誉を勝ち取った人』という意味で使われます。

 

「成功」とはなにか。これを見れば「成功」がわかります。

2018年4月13日

 

しかし、それらは他人の決めた「ものさし」であって、「成功」や「普通」「生きること」の

定義を決めるべきなのは紛れもなく自分自身ではないでしょうか?

 

言葉の定義を決めないと勘違いする

 

もし、自分自身で言葉の定義を勘違いしてしまうと、「他人の決めた定義」に踊らされてしまうことになるでしょう。

例えば、先ほども言った「成功の定義」を勘違いしてしまうと、「お金、地位、名誉」が成功に必要であると思い込んでしまいます。

もし、自分で成功の定義づけをするとなると、「海外移住して楽しく暮らすこと」だったとしても、「お金、地位、名誉」を追いかけてしまうと悲惨な結末になってしまいます。

 

 

この「楽しく生きるの定義」は自分自身で定義づけしたものです。

僕は、人生の目的を「楽しく生きる」ということにしているのですが、

単に楽しく生きるを言葉のまま受け取ってしまうと、「ダラダラして快楽に溺れ、お金を使いまくることが楽しいこと」であると勘違いしてしまうかもしれないので、自分自身で定義づけすることによって僕自身の言葉の意味を確立しました。

これで僕が人生の目的の言葉の意味に踊らされることはないはずです。

 

このように、言葉の意味を再定義していくことによって自分自身の勘違いを防ぐことができます。

また、言葉の定義に『正解』は無いので、自分自身で『正解』を決めていくしかないのです。

その『正解』はやがて人生の指針になるでしょう。

 

言葉の再定義の仕方

 

言葉を再定義すると言っても難しいものです。なぜならはじめは0からのスタートですから。。

思春期の中学生の男子に、生きるとは?と聞いても、「おっぱい」ぐらいしか帰ってこないでしょう。

それは考えたことがないからです。

 

しかし、考えても語彙力がなければ難しいです。でも大丈夫です。まずは他人の言葉を借りましょう。

言葉の定義を確立している他の人や哲学者なんかに聞いてみましょう。

直接聞かなくても大丈夫です。本を読めばいいのです。。

 

そして、その知った定義を鵜呑みにすることなく、言葉を切り貼りしながら自分自身の定義を作っていくのです。

そうすれば、それが「自分らしさ」や「個性」というものになっていくでしょう。。

 

「嫌なこと・嫌いからは逃げろ」の問題点。言葉を鵜呑みにする危険性。

2018年8月14日

大多数の人の『好きなことを仕事をしたい』の勘違い。

2018年5月5日

 

スポンサードリンク