仕事を楽しめない人が多い理由。仕事をすることの醍醐味とは。

 

あなたは仕事が楽しいですか?

 

not
将来、仕事なんてしたくねぇ。

なんてこと思っていないでしょうか?

 

別に思っていてもいいんですけどね。

 

今回は、「仕事の醍醐味」や「なぜ仕事を楽しいと思わないか」ということについて考えていきたいと思います。

 

仕事とは

 

以前、コチラの記事でもお話ししましたが、要約すると、

 

「仕事」とは「他人への価値の提供によって対価(お金・やりがい)を得る行為」なんですよね。

 

しかし、実際に多くの人は「仕事」とは「言われた作業をこなすことで対価(お金)を得る行為」だと思っているんですよね。

 

 

not
まあ、後者の方で考えてしまうとどう考えても楽しくならないですよね。なぜならやりたくないことをやっているわけなので。

 

仕事の醍醐味と趣味の醍醐味

 

 

ここで重要なのは、「仕事の醍醐味」とは「社会貢献を楽しむこと」であり、

「趣味の醍醐味」とは「自由にやりたいことを楽しむこと」だということです。

 

なので、先ほどの後者の人ような「社会貢献を楽しめない人」が「仕事」をしても楽しくないのです。

 

 

仕事の本質

 

「仕事」とは「社会貢献する」という『目的』があり、そのための『手段』として、様々な職業・職種があります

 

なので、仕事をすることの本質とは「社会貢献・価値の提供」が大前提としてあるということです。

 

なので、「お金を稼ぐこと」を目的にしていると辛いのは当たり前です。

 

8時間もやりたくないことをしてお金を貰うだけなので、「自己肯定感」も「幸福感」もありません。

そこには「給料日にお金を貰えるという事実」だけがあり、そこには一瞬の快楽のような喜びしか得ることができません。

 

しかし、「社会貢献・価値の提供」による「ありがとう」の一言などの「やりがい」は人間はいつまでも覚えているもので、

そこには自分は存在している意味があるという「自己肯定感」や「幸福感」があります。

 

それこそが「仕事の本質」であり、「仕事の醍醐味」なのです。

 

悪徳ビジネスが無くならない理由

 

「仕事の本質」である「社会貢献・価値の提供」ではなく「お金を稼ぐこと」が目的である「悪徳ビジネス」は淘汰されるべきなのです。

 

しかし、「お金を稼ぐことが目的の人」が「お金を稼ぐことが目的の人」を騙すというループがあるので、なかなか無くならないのが現実です。

 

なぜなら、「仕事」とは「言われた作業をこなすことで対価(お金)を得る行為」だと思っている人が多いからです。

つまり、「お金を稼ぐことが目的の人」は「より楽してお金を稼ぎたい」ので、「悪徳ビジネス」で人を騙す。もしくは「悪徳ビジネス」に騙されるのです。

 

not
この流れを断ち切ることは難しいので、騙されないようにするということが大事です。

 

仕事が楽しくない人の特徴

 

少し話が逸れてしまいましたが、「仕事が楽しくない人」というのは、先ほど言った「仕事の醍醐味」や「仕事の本質」が理解できていない人です。

 

つまり、「社会貢献・価値提供」を楽しいと思わない人であると言えます。

 

そういう人は「仕事」とは「労働による対価(お金)を貰う行為」としか考えることができていないのです。

 

他人への価値提供・社会貢献をしてみる

 

しかし、「学生」や「働きたくない人」は「仕事が楽しくない」と感じても仕方がないと思います。

 

なぜなら、「価値提供・社会貢献が楽しいと思ったことがない」「価値提供・社会貢献をしたことがない」という人に、

not
さあ。就活だ。働け。社会の一部になれ。

と言っても、嫌でしょう。

 

その人は今まで「自由にやりたいことをする」という「趣味」が最も楽しかったわけですから。

 

なので、そういう人はどのような手段でもいいので『全力で主体的に社会貢献・価値の提供』をしてみるというのが重要だと思います。

not
まずは「社会貢献・価値提供の楽しさ」を知らなければ「仕事の醍醐味」も分かりませんからね。

 

合わなければ働かなくてもいい

 

ですが、もし本気で「社会貢献・価値提供」してみたとして、

結局「趣味」の方が楽しい、「趣味」をしている方がハッピーだと思うなら別に働かなくてもいいと思います。

 

働かなくてもいいというのは、お金がなければ無理なので、言い方を変えると、

アルバイトをしながら趣味暮らしをしたり、アーリーリタイアしようと努力したり、

フリーランスになって自分の趣味の時間を確保したり、ということです。

 

 

終わりに

 

このような「仕事の本質」というものを理解した後、その先にどういう選択していくのかを決めるのは自分自身です。

 

もし、仕事に関しての不安や辛さがあるのなら、「まずは全力で社会貢献・価値の提供」をしてみたらいいと思います。

 

そうすれば、何らかの自分にとっての価値観が形成されていくはずです。

それは、「ボランティア」や「アルバイト」でもいいですし、「ブログ」や「youtube」「ココナラ」などやり方はいくらでもあります。

 

そして、「社会貢献・価値提供は楽しい」と感じて初めて、

「自分のやりたいこと・得意なことで貢献・提供する」という「やりたいことを仕事」にするという選択肢が生まれるのです。

 

まずは、「仕事(社会貢献・価値提供)を楽しむ」ということから始めてみましょう。

 

 

スポンサードリンク