「成功」とはなにか。これを見れば「成功」がわかります。

 

「人生の成功者」  というのは とても良い響きですよね。

 

世間一般では、富、名声、力、この世の全てを手に入れたゴールドロジャーのような人間が成功者として語られるような風潮があります。

現在では特に富を手に入れたものが成功者であると言われることが多いです。

 

ですが、実際に成功というものはひどく曖昧です。

 

「あの人は成功している」「成功したいなあ」

 

こんな声は日常的によく聞かれます。

 

ですが、そもそも成功とは一体なんなのでしょうか?何を持って成功しているといっているのでしょうか?

 

成功とは?

 

何か目的を達成することで「成功」となります。達成できなければ「失敗」となります。

 

当たり前のことですが、これを踏まえると、人間それぞれにそれぞれの目的があるので、全員が全員同じ方向を向いてる訳ではなく、一人一人が自分の道を歩んでいる訳です。

 

not
つまり、人それぞれの成功の定義があるのです。

 

これが理解できていないと、「成功したいなあ」などとぼんやり思い描いていても、

「他人の成功の真似事」や、「富を築けば成功する」と思い込み

宝くじやギャンブルなどの一発逆転を狙いに行く人もいるのではないでしょうか?

 

しかし、それは本当にあなた自身が望んだ成功でしょうか?他人の成功の真似事ではないでしょうか?

 

他人が成功しているのかはわからない

 

 

成功を羨む声はいくらでも出てきます。しかし、その人は本当に成功しているのでしょうか?

 

世間一般のゴールドロジャー的存在になったとしても、それはあくまでも世間一般の成功です。

先ほども言ったように人それぞれに自分自身の成功の定義がある訳ですから、その人にとって成功しているとは言えない可能性があります。

 

not
他人が成功しているかどうかというのはその人自身でしかわからないのです。

 

例えば、オリンピックで日本人初の銀メダルを取った人は、

金メダルを取り世界で一番になることを自分自身に取っての成功として考えているならば、その人は果たして成功していると言えるでしょうか?

 

例えば、「富」「名声」「力」の全てを手に入れた海賊王ゴールドロジャーが、

実は家族と慎ましく暮らすことを望んでいるとして、家族を殺されて海賊になったとしたら、彼は果たして自分自身に取っての成功者と言えるでしょうか?

 

成功哲学に学ぶ成功の定義

 

著/ナポレオン・ヒルの『成功哲学』という本があります。

 

この本には、成功とはどういうものであり、どうあるべきかということが書かれています。

この本では『富を得ること』が成功の定義として挙げられています。。。。

 

not
しかし、富とはお金ではなく、ここで言う『富』には二つの意味があります。

 

1,お金

2,心の平安

 

この二つが成功に必要な『富』として挙げられていました。

 

お金が大量にあったとしても、何に使おうか切羽詰まっている状態では心が平安であるとは言えません。

つまり、お金があっても幸せでは意味がないということです。

 

どちらかというとこの本には、お金を稼ぐ方法というよりも、いかに心の平安を作って行くかということが詳細に記載されています。

 

 

なぜこんなにも、心の平安について書かれているかと言うと、

心の平安をつくることは誰でも条件なくでき、お金を稼ぐことは不確定要素が多いからです。

また、この二つにおいて、心の平安が成功において重要な部分を占める割合が多いからであると思われます。

 

not
この定義が「正しい」とか「正しくない」とかではなく、こういう成功の定義の仕方もあるということです。

 

本当に人間的な人は、価値ある人生には幸せと富の両方が揃っていなくてはならないということを知っている。必要以上のものを持つことが幸せだと思っている人は、決して幸せにはなれないだろう。

出典 成功哲学

 

あなたにとっての成功の定義を見つける

 

では、あなたにとっての成功の定義を見つけましょう。

あなたの人生の成功とはなんでしょうか?お金を手に入れる?心の平安を保つ?家族と暮らすこと?地位をあげる?海賊王?趣味に没頭?生きている事が成功?やりたい仕事に就く?役に立つ事?その瞬間を楽しむ事?

 

ここから先は他人に委ねるのではなく、自分自身で切り開いていくところです。

一度定義してしまえば、それが人生の指針になっていくでしょう。

 

 

スポンサードリンク