僕がはじめてのバイトを三ヶ月でやめた理由。そして気づいたこと。

 

僕は、大学生になって始めたバイトを、たった三ヶ月で、やめました。

ちなみに、バイトしたのは焼肉店です。

初バイトが、焼肉店というのはやめておきましょうね。。

 

焼肉でのバイトは止まれない

 

焼肉店はとにかく忙しいです。僕はホールだったので、特に止まれませんでした。

注文確認、ドリンク作成、ドリンク運び、料理運び、網変え、網の洗浄、大量の食べた後の片付け、レジ、などなど。

おまけ肉の説明をしなければならないので、コースの肉を全て、覚えなければなりませんでした。

ちなみに、覚えないままやめましたが。。笑

 

働くってそういうことだから

 

友達や、親に「バイトが忙しすぎる」と言ってみたりしましたが、

帰ってくる言葉は皆同じ。

 

「働くってそういうことだから」

 

「え。こういうことなの?こんなに忙しいの?こんなに辛いの?こんなに苦しいの?

こんなこと、大学卒業したら、ずーっと続くの?」

 

「死ぬまで?」

 

一ヶ月しか経ってないのに、僕のメンタルはズタボロでした。

 

毎日が嫌。また、バイトの日が来る。

 

トドメの一撃

 

僕のやめる理由の一つに、店長があります。店長はとても厳しくて、理不尽です。とにかく理不尽でした。

今は、いろいろあって店舗を飛ばされたらしいですが。。

一日に、何回色々言われたかわかりません。

 

二ヶ月が立つの手前あたりで、僕が、いたってミスなく普通に仕事をしていると、

「notくん、真面目にやって?やる気なさそうな顔やめてくれない?」と言われました。

 

普通の顔を「やる気のない顔認定」されてしまいました。

 

「ああ。なるほど。これが社会の理不尽か。」

 

次の日、あと一ヶ月でやめると言いました。すると、態度は一変し、優しい店長の出来上がりです。

その後1ヶ月は優しい店長のままでした。。

 

結局、僕は社会というものが全く理解できませんでした。

まとめ

 

この『愉快な店長と忙しいお家』のおかげで、僕はやりたくもないことで働くことにすごく拒絶感があります。

将来は、そんなことで働きたくないです。あんな思いをして、毎日を過ごすなんて、吐き気がします。

 

この、自分の思いに大学生のうちに『早く気付けたこと』だけは、『愉快な店長と忙しいお家』に感謝しています。

 

変なところで我慢して働いていると辛いだけですし、人生は短いので、皆さんお気をつけください。

 

スポンサードリンク