自分の『才能』を知って『強み』を作ろう。もうあなたに才能がないなんて言わせない。

 

not
自分には才能も強みも何もない。僕は運が悪かった。。

 

こんな風に思うことはありませんか?

 

しかし、それは間違っています。

 

『才能』とは誰にでも持ち合わせているものであり、

『強み』とは作ることのできるものなのです。

 

今回は『才能』の探し方と『強み』の見つけ方について詳しく見ていきたいと思います。

 

 

「才能」と「強み」の定義

 

では、まず初めに「才能」と「強み」は解釈次第で意味が曖昧になってしまうので、

ここでの定義をご紹介したいと思います。

 

才能(頻繁に繰り返す思考、感情、行動パターン)

×投資(練習やスキル開発、知識を身につけるためにかける時間) 

=強み(常に完璧に近い成果を生み出す能力)

出典 さあ、才能に目覚めよう

 

才能を見つける

 

先ほど挙げた定義によると、才能とは「頻繁に繰り返す思考、感情、行動パターン」とあります。

つまり、才能とはクセや無意識的行動、習慣とも言えます。

 

not
才能はあなたの無意識の部分に宿っているのかもしれません。

 

 

ここで言う才能とは、人間誰しもが持っているものです。なので、才能とは誰しもが持っていることであると言えるのです。

 

投資をする

 

次に見つけた才能に投資していきます。

具体的には先ほど挙げた才能を活かしながら行う「練習」や「スキル開発」です。

 

この組み合わせ方を間違えると辛くなってしまったり、才能を活かすことができなくなってしまいます。

 

なので、まずは自分の才能を深く知ることが求められるのです。

 

「強み」を「環境」に合わせる

 

そのようにして「才能」×「投資」をすることによって「強み」=「常に完璧に近い成果を生み出すことのできる能力」が生まれます。

 

しかし、それだけではあなたの「強み」はできても「成功」はできません。

 

なので、そこからは、その「強み」を「環境」に合わせることが必要になってきます。

いかに「自分の強みが活かせる環境を整えるか」が、そこから成功に向かわせることができる重要なファクターとなってきます。

 

 

まずは才能を見つけよう

 

なので、「成功に向かう」もしくは「強みを見つける」ためには、

まず自分自身の才能(頻繁に繰り返す思考、感情、行動パターン)を見つけていかなければいけません。

 

そのための方法として僕がオススメしたいのが「ストレングスファインダー 」です。

 

こちらの新品の本を買えばアクセスコードがついてきますので、

その診断を受ければ、34個に分類された才能の中で、自分の才能の上位5つがわかります。

また、追加で課金すれば自分の34個の自分の才能の順位を全て見ることができます。

 

 

not
ちなみに僕は34個の才能を全て見れるように課金しましたよ。

 

お金をかけたくないと言う人はコチラで自己分析法をまとめています。

 

スポンサードリンク