人生で本を読むべき理由。本を読めば人生が変わります。

 

これを見に来たあなたは、少しでも人生を変えようとしているのではないでしょうか。

 

「好きなことが見つからない」「何の仕事に就こうかな」「自分は何がしたいのだろう」

「お金欲しいいいいい」「彼女欲しいいいい」「彼氏欲しいいい」「成功したいいいい」「楽したいいいいい」

 

こんな悩みは、ほとんどの人が抱えている悩みです。

では、なぜ僕が人生変えたいのなら本を読めと言っているのかをお話ししていきます。

 

「読書の時間を大切にせよ。一冊の本との出会いがあなたの生き方を変えてくれるのだから」

ジョセフ・マーフィー

 

 

本はなんでも解決してくれる

 

本は自分の知りたい情報を教えてくれます。

 

なぜなら、あなたの悩みの殆どは過去の人間が経験してきたことだからです。

 

過去にその悩みの壁にぶち当たったり、様々な知識を持った人たちが、約1000円のお金であなたの悩みを解決してくれます。

めんどくさいアポや会いにいく費用もかからないのです。

 

数万円の不確実性の塊である「占い」なんかに頼るよりも、よっぽど合理的で、確実性が高いと思いますよ。

 

 

あなたの人生経験で起こった出来事なんて過去の何百万人が体験したことでしょう。

おそらくあなたが持っている悩みは既に先人が解決してくれているはずです。

 

ネットにも情報は転がっていますが、無料なので書いている人に責任はなく、本当に正しい情報かがわかりません。

しかし、本は著者が書いていて、著者は対価としてお金をもらうという責任を持っているので信用を落とさないためにも嘘を書くわけにはいきません。

 

まあ、ネットに無料の記事を書いている僕が言うのも少し気が引けますが。。

 

何読んだらいいのか

 

 

本には、自分に『短期的価値のある本』と、『長期的価値のある本』がある。

 

短期的価値のある本・・・すぐに使える情報が入った本。

例) 料理本 ダイエット本 勉強法 健康法 技術書 ビジネス書  など

 

長期的価値のある本・・・長期的にみて、今後の人生に影響を与えそうな本。

例) 哲学 生き方 思想 概念

 

どちらも大切であるが、主に僕は、最初に長期的価値のある本を読んで、自分の生き方を決めていくこと。

その上で、まだある悩みを、短期的価値のある本を読んで解決していくこと。が良いと考えている。

なぜなら、技術書でプログラミングの技術をマスターした後、自分のやりたいことをしたいと思い、料理家になってしまっては、時間の無駄であるからだ。

 

本を読むことは成功への近道

 

あなたが、もし成功したいと思っているなら、より本を読むべきです。

「成功」とはなにか。これを見れば「成功」がわかります。

2018年4月13日

 

なぜなら、本には成功した人の知識が詰まっており、「成功した人を真似すること」が、成功への近道であるからです。

 

あなたは、まだ成功したことがないのならば、あなた一人でなんとかしようとしても、限界があります。

まずは、本を読んで、徹底的に真似をしましょう。そのあとに、自分の型を作っていけば成功に近づけるはずです。

 

新たな自分が生まれる

 

本を読んでいくと、「これは面白いなあ」と思うことが、たくさんでてきます。

それをどんどん掘り下げて、そのことに関した本を読むことで、ネズミ算式に興味のあることが増えてきます。

そこから、新しい自分が、どんどんでてくるのです。

 

『好きなことが見つからない』という大学生の決まり文句は絶対にないです。それは単に選択肢が少ないだけかもしれません。

 

 

その他のメリット

 

・年収が上がる!?

 

下の記事ように、読書量と年収の興味深い研究結果もあります。

 

「年収800万円以上の人は本代(月額購入費)は2,910円、400-800万円:2,557円、400万未満:1,914円であり、読書量は年収に正比例する。

 

・アイデアが出やすくなる

 

点がなければ線(アイデア)になりません。読書をすればするほど点は増えません。

アイデアを出す方法はたった一つだけ。出ない人は〇〇が足りていない。

2017年9月10日

 

・問題解決力が上がる

・集中力が上がる

・論理思考能力が身につく

 

などなど

 

悪いことは一つもないので、まずは本を読んで見てください。

 

スポンサードリンク