ネガティブ思考の「活かし方」と「やってはいけないこと」。ネガティブ思考は変えるな。

 

突然ですが、あなたは「ネガティブ思考」ですか?

 

not
まあ、多分この記事を見に来ているということはネガティブ思考なんでしょうね。。
not
ちなみに僕はネガティブ思考の権化のような人間です。

 

今回は、そんな「ネガティブ思考」の「活かし方」とそんな人が「やってはいけないこと」をお話ししていきたいと思います。

 

ネガティブ思考を治したい人へ

 

そもそもネガティブ思考というのは非常に嫌ですよね。。できれば物事というのはポジティブに捉えたいものです。

だってその方が精神的に楽ですし、何だか人生楽しいような気がしますよね。

 

しかし、残念ながら「ネガティブ思考」は治りません。これは遺伝の問題なので。

その上、残念ながら、日本人は遺伝的に「ネガティブ思考」の人が多いことも事実です。

 

 

つまり、「不安症」「心配性」な人が多いということです。

 

しかし、安心してください。「ネガティブ思考」というのは裏を返せば、「慎重性」「リスクヘッジ」の塊なので、単純に「成功・成長」する確率は「ポジティブ思考」よりも高いです。また、疑うことができるのもネガティブの強みです。

日本人が海外と比較すると「勤勉で真面目」というのはこのためです。

 

ネガティブな思考は止めない

 

そもそもネガティブ思考は軽減はできますが、止めることはできません。なので、そもそもネガティブ思考を止める必要はないのです。

 

どちらかというと、「ネガティブ思考を殺す」という考え方をするよりも、

「ネガティブ思考を活かす」という風に考えた方が気持ちは楽ですし、そちらの方が成功する確率は高くなります。

 

 

ネガティブ思考の人がやってはいけないこと

 

ネガティブ思考を受け入れたとしても、そんな人がやってはいけないことがあります。

 

それは「ネガティブな言動」です。

 

「ネガティブな思考」というのは自分ではコントロールできないものなので仕方がないことだと思います。

しかし、「ネガティブな言動」というのは自分でコントロールできるものです。

 

「ネガティブな言動」というのは何のプラスにもなりません。

ただ周囲にマイナスの影響を与え、自分にも潜在的にネガティブなイメージを植え付けるだけです。

 

なので、「心でネガティブ思考をしても、ポジティブな言動をする」ということが重要になってきます。

そうすれば、周囲にも良い影響を与えることができ、ネガティブになりすぎることもなくなります。

 

「良いネガティブな言動」と「悪いネガティブな言動」

 

先ほど、

not
言葉に出すのはポジティブワードにして、ネガティブワードは喋んじゃねえ。

と、言ったのですが、

 

まあ、例外というのもあります。

 

まず、「悪いネガティブワード」というのは「感情的なネガティブワード」です。

つまり、「だるい、しんどい、うざい、きつい、疲れた」と言った言動です。自分の主観的な感情による言動のことですね。。

 

not
こういうのって結構口に出してしまいますよね。。

 

次に、「良いネガティブワード」というのは「新たな選択肢、改善策を含んだ疑いのネガティブワード」です。

つまり、「こうすればどうですか?それは間違ってない?それは本当に大丈夫なの?」

という論理的な前向きに転換させることのできるネガティブワードのことです。

 

not
もはやポジティブワードに近いと思いますが。。

 

こういう疑念を含んだネガティブワードというのは「ネガティブ思考」の強みなので、

「良いネガティブワード」というのはどんどん出していっていいと思います。

 

終わりに

 

このように、「ネガティブ思考」も用は活かし方です。

なので、今ないものを悲観するのではなく、今あるもので戦っていった方が楽ですし、「成功・成長」しやすいと思います。

 

特に、仕事の場面なんかでは、みんながみんなポジティブなリーダーで、

not
よし!今回の企画はこれで行くぞ!この企画はなんか凄いっぽいから行ける気がする!!

 

なんてことを言っていたら成り立ちません。

 

not
この企画は本当に大丈夫かな。

と考える人も必要なのです。

 

 

スポンサードリンク