あなたが行動を起こすためには2種類の条件が必要です。

 

「やらないければいけないこと」というのは常にあるものです。

自分の目的・目標達成のためにやるべきこと。やりたいこと。仕事をしたり、ご飯を食べたり、掃除をしたりと色々あります。

 

「やらなければいけないこと」というのは「やりたいこと・好きなこと」をはじめとして色々ありますが、ここでは『行動』としておきましょう。

 

その『行動』をするためにはいくつかの段階を踏んでいかなければいけません。

勿論、踏まなくても良い人は良いんです。どんどん「やるべきこと」をやっていってください。

 

行動に移せるまでの2種類の条件

 

行動に移せるまでには3つのステップを踏む必要があります。

 

  1. 認知
  2. 情動

 

それが「認知」と「情動」の2つです。

 

この二つがなぜ大事なのかというと、

人間は、例えやりたいことであっても「難しそうなこと・無理だと思うこと」をしたく無い生き物であり、「理性」ではなく「感情」で生きている動物だからです。

 

行動の種類によって順番は変わる

 

これらは行動の種類によって変化します。

それは「動機付けが無いやるべきこと」「動機付けがあるやりたいこと」です。

 

「動機付けがない」ということは「情動」が起こっていないので、特にやりたくはないんですよ。

でも、やらなければいけない。そういう時にはまず「認知」を変化させてから「情動」させるべきです。

 

「動機付けがある」ということは「情動」がもう既に起こっているので、

やりたいことなんだけども行動には移せていない。そういう時には、「認知」を変化させるだけで良いのです。

 

 

認知を変える

 

「情動」については以前、コチラの記事で「感情を動かす方法」とともに解説しましたのでよろしければどうぞ。

簡単にいうと、「情動」とは自分が「やりてえ。」とか「ああ、なりてえ。」とか「〜〜してやるぜ。」とか『自分の感情が動かされた時』です。「動機づけ」とも言えます。

 

「認知」を変えるというのは、文字通り『物事に対しての考え方(認知)を変える』ということです。

 

例えば、約一時間かかるやるべきことが7つ溜まっていたとします。

一日に7つやろうとすると、7時間かかるので一日一回していけば一日の負担は減ります。

こうすると、「一日七時間なんて無理だあ。」と思いながら先延ばしにしてしまうところを、「一日一時間ならやれるかも。」となります。

ここで、「難しいかも知れない」と思っていたのが「これならできるかも」となるわけです。

 

これが「認知の変化」であり、言ってることは至極簡単です。

 

認知の変化で起こること

 

この認知の変化で起こることは「ハードルが下がる」ということと「目標設定が増える」ということが起きます。

 

ハードルが下がる

 

「ハードルが下がる」ということは「行動しやすくなる」ということです。

「5km外に走りに行く」というのはハードルが高いですが、「向かいのコンビニまで走りに行く」というのはグンとハードルが下がりますよね。もしかしたら、もっと下げると「家の周りを三周歩く」ぐらいまで下げることができるかもしれません。

 

一見、バカバカしいと思うかもしれませんが、

「5km外に走りに行く」と思いながら「走りに行かない」のと、

「家の周りを三周歩く」と思いながら「毎日歩く」のではどちらが健康に良いでしょうかね。

 

そういうハードルの上げ下げを自分で設定できれば、自分の調子に合わせて無理なく行動・継続することができます。

 

目標設定が増える

 

「目標設定が増える」というのはめんどくさそうだと思うかもしれませんが、

言い換えると「成功体験が増える」ということです。

 

物事を分解していけばしていくほど目標は増えます。

 

例えば、先ほどの例で言うと、

「5km外に走りにいく」ということは「5km外に走りにいく」ということだけが目標です。これを達成できなければ目標未達成になります。そして、失敗ばかりが続き「やめてしまう」ということになるわけです。

 

ですが、「5km外に走りにいく」ということに対して認知を変えてみて、

まずは「気持ちいい程度に歩く」から始めてみて、そこから「1km走ってみる」。「3km走ってみる」。という風に目標を重ねていって、最終的に「5km外に走りに行く」ことが達成できれば良いわけです。

 

前者と後者で「成功体験」が多いのは圧倒的に後者ですよね。やれればですけど。

しかし、「成功体験」を増やすというのは「情動」の部分にも関わってくるので非常に重要です。

自分が「できる」と思えることが行動をする際の大事なポイントになってきます。

 

つまり、単なる「ゲーム」なんですよ。

 

 

最後に

 

まずは自分のやるべき『行動』は動機があるのか。ないのか。

「認知」が高すぎるのか。「情動」が薄いのか。という風に分解して客観視していくと良いと思います。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。