ストレスは悪いものと思うだけで健康に悪い?ストレスへの認知を変えてみませんか?

 

こんにちは。not(@minimalman10)です。

あなたは日々ストレスを感じながら生きていますか?

 

そんな毎日の中で、

「あーー今日はストレスがたまる1日だったーー」なんていう愚痴をこぼす日もあるかもしれません。

 

しかし、ちょっと待ってください。

 

実はある研究で、

「ストレスを悪いものと認知すると健康に悪い」という研究結果があります。

 

なので、私たちは、「ストレス」を悪いものと思いがちですが、ストレスは一概に「悪いもの」と決めつけてはいけません。

私たちは、もう一度「ストレス」に対する考え方を変えていかなければいけないのです。

 

ストレスの認知の研究

 

では、そのある研究というものをご紹介します。

 

1998年のアメリカで3万人の成人に対してこの二つの質問がされました。

「この一年間でどれくらいストレスを感じましたか?」

「ストレスは健康に悪いと思いますか?」

 

そして、8年後に3万人の参加者の死亡率を調べるというものです。

 

ストレス研究の結果

 

この実験の結果を見てみると、『強度のストレス』を感じた人の死亡リスクが43%も高まっていました。

しかし、その中でも、死亡リスクが高まっていた人は「ストレスが健康に悪い」と認知していた人でした。

 

また、驚くべきことに、「ストレスが健康に悪いと認知していない強度のストレスを感じている人」

『ストレスをほとんど感じていない人』よりも、死亡リスクが低くなったのです。

 

さて、この研究が意味するものはなんなのでしょうか。

 

研究の考察

この研究の結果を踏まえて主に二つの重要なことが浮かび上がってきます。

 

1,思い込みの重要性

2,ストレスの重要性

 

1,思い込みの重要性

 

一つ目は、「思い込みの重要性」です。

 

そもそも『強度のストレス』を感じていた人たちが、

「ストレスが悪いものである」と思っているかどうかという思い込みによって、

死亡リスクの上下が見られたということは、「思い込み(プラセボ)」の力は強いと言えます。

 

確かにストレスの全てが良いものではありません。

もちろん、「悪いストレス」と「良いストレス」があります。

 

しかし、両方の性質を合わせ持っているのに、一概に「ストレスは健康に悪い」と考えるのはよくありません。

 

2,ストレスの重要性

 

二つ目は、「ストレスの重要性」です。

 

これは、「ストレスを健康に悪いと思っていない強度のストレスを感じている人」より、「ストレスをほとんど感じていない人」の方が死亡リスクが下がった。

ということは、人生において「ストレスはあった方が良い」ということを意味します。

 

私たちは、ストレスを感じることなく避けていくことが幸せになる道であると考えがちです。

 

しかし、ストレスというのは先ほども言ったように「良いストレス」と「悪いストレス」があります。

一概に「ストレスは悪いもの」と決めつけてしまう「良いストレス」も感じることがなくなってしまいます。

 

ストレスとの向き合い方

 

ここから言えるのは、「ストレスは決して有害なものだけではない」ということで、

「ストレスをうまく扱うことで健康にも幸福にもなれる」ということです。

 

ですが、すでに私たちの認識は『ストレスは有害なものであり避けるべきものである』という認識になってしまっています。

 

なので、私たちがすべきことは、

ストレスを減らしたり、避けようとしたりするのではなく、

ストレスへの認識を改めて、ストレスをまず受け入れてから対処していくことです。

 

その第一歩として、まずは「ストレスは健康に悪い」という思い込みを捨てていきましょう。

 

スポンサードリンク